夫婦

生前整理をしておくメリット|家族のためにもなる

死期を前にすること

ダンボール

物や財産を整理する

誰にでも死は訪れますが、予想通りにやってくることはありません。ほとんどの人が突然の死にみまわれますし、その場合に大変なのは本人よりも残された周囲の遺族です。死んでいく人は何も持っていくことはできません本人がきちんと整理しておかなければ、残された遺族が整理しなければなりません。昔のように、家族が一緒に生活するのが当たり前という時代ではありませんので、親の物を子供がすべて把握しているということはありません。そのため、生前整理を行っておくことが重要になります。死んでいく準備として終活という言葉が使われることがありますが、その中でも、特に、自分の物や財産を整理しておくことを生前整理といいます。物には思い入れがあって集めているのが普通ですが、どのような気持ちで集めたかは本人にしかわかりません。もしかしたら人からもらっただけかもしれませんし、先祖代々伝わるようなものかもしれません。遺族には判断できないようなことですから、本当に残したいものを選別しておくことが重要です。生前整理を行っていく中で、処分できるものは処分していくことです。生前整理は家族と一緒になって行っていくことで、自分の思い出や気持ちを家族に伝えることができますので、物を処分していく以上の意義があります。また、財産の整理を行っておくことで遺族の争いを軽減することができます。財産が残された場合には、多かれ少なかれ不平不満がでるものですが、本人の気持ちを明らかにしておくことで、争いを軽減できます。