夫婦

生前整理をしておくメリット|家族のためにもなる

家族のために出来る事

女性

安心して暮らせるメリット

最近は「〜活」といったものが流行っていますが、終活もそのひとつです。特に生前整理の必要性は言われており、興味のある人も多くいます。生前整理とは、亡くなった後、残された家族が遺品の整理に時間を取られないよう、あらかじめ生きている間に、自分の荷物を整理しておくことです。生前整理をすることは、亡くなった後の遺品整理の手間を省くだけではありません。物が片付いた部屋は、移動もしやすくなり、躓いて転倒するリスクを減らすことも出来ます。年を取って生活していくためのトラブル回避でもあるのです。しかし、生前整理といっても、まず何から手を付けたらいいのか悩む人も多いでしょう。手始めは、財産をまとめることです。家や土地に関する権利書・預貯金の通帳・有価証券・生命保険の証書などを初めとし、それらを一覧に記しておくといいでしょう。そして、どこに保管してあるかをきちんと記載しておきましょう。次に物の整理です。何十年も暮らしていると、当然物も増えていきます。思い出もたくさんありますが、残された家族が使用できないものは思い切って処分することがおすすめです。ただしいきなり処分するのが難しい場合もあります。一定期間手元において、やはり使用しないようなら処分という流れを作るといいでしょう。最近では要らないものも、分別して処分する必要があります。分別作業はとても大変な労力です。そのような場合は、不用品回収業者を利用すると、分別をしなくても引き取ってもらえて安心です。生前整理は、一気に出来るものではありません。少しずつ身体の動くうちに行うことがコツなのです。